学校側が集会で謝罪

学校側が集会で謝罪学校側が集会で謝罪

熊本・八代市の私立、秀岳館高校は、サッカー部の30代コーチが3年生部員に暴力を加えたとされる問題がありました。

25日、学年ごとの集会を開き、合計3時間にわたって、生徒約1000人に事情を説明したようです。

集会には、直接関わったコーチからの事情説明や謝罪ではなく学校側からのものだけだったそうです。それも3時間。

その中で、学校側は、被害にあった生徒や、今回の件で不安や心配を抱かせた全校生徒に謝罪したようです。

サッカー部男性暴力コーチ

秀岳館暴力問題の主犯格「やってないは100%嘘」障害行為隠蔽

5月5日に行われた熊本県・秀岳館高校の会見。サッカー部のコーチによる暴力問題などについて、説明と謝罪がありました。秀岳館高校のサッカー部は、全国大会に出場したこともある強豪で、およそ20年間、段原一詞監督が率いてきました...
タイトルとURLをコピーしました