インターネットカフェ立てこもり事件

長久保浩二の犯罪歴「捕まえてくれてありがとう」我が家は刑務所

インターネットカフェ立てこもり事件

6月21日午後10時頃、埼玉県川越市のインターネットカフェ「快活CLUB川越脇田新町店」で、男が人質をとり立てこもり事件を起こし、発生から約32時間後に捜査員が突入して店員を保護し、監禁容疑で長久保浩二が現行犯逮捕されました。

長久保浩二をネットで検索したところ、犯罪の前歴もありました。

ここでは、長久保浩二の犯罪歴や生い立ちなどを記事にしました。

 

長久保浩二の犯罪歴が判明

6月21日、埼玉県川越市のネットカフェ「快活CLUB川越脇田新町店」で立てこもり事件。

立てこもり犯人の長久保浩二が逮捕されました。

髭をはやし、痩せこけている長久保容疑者。

いかにも犯罪を繰り返していそうな顔立ちです。

過去にも犯罪が!豊川信用金庫立てこもり事件

ネットで長久保浩二の名前を検索すると、2012年に豊川信金で立てこもり事件を起こしていて逮捕されていたことがわかりました。

 

長久保浩二は2012年11月22日に刃渡り11センチのサバイバルナイフとカッターナイフを所持して愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子支店に立てこもったということです。

同店職員の4人を人質に立てこもり、食料や飲み物、たばこ、拡声器などを要求していたようで、県警捜査1課特殊班(SIT)の捜査員計13人が23日午前2時45分に店舗1階と2階からそれぞれ突入し、長久保を取り押さえ、事件は解決したということです。

怪我人はでていなかったようです。

無職・長久保浩二が人質強要処罰法違反などで逮捕・起訴され、2013年4月9日に懲役9年の判決が下されていたということです。

 

長久保浩二の生い立ちと出身は?

長久保容疑者について検索すると、詳しい生い立ちや出身などがわかってきました。

長久保は山梨県出身で、4人兄弟の長男だそうです。両親はまじめ人間で、父親は堅物サラリーマンのようです。

長久保浩二は農業高校卒業後に、農業大学入学しますが、学生結婚して大学を中退したそうです。デキ婚だったみたいですが、その後離婚しています。

2002年に父親が亡くなり、女性との交際を巡るトラブルなどもり、家族と疎遠なったとのことです。

その後、人生の歯車が狂い始め、詐欺や窃盗を繰り返すようになっていたようです。

更生施設を経て、2012年6月に愛知県内の土木会社で働き始めますが、同年の10月22日に会社の寮から突如姿を消し、愛知や岐阜、福井などを転々とし、無銭飲食などを繰り返していたようです。

そして、同年11月22日に豊川信用金庫蔵子支店に立てこもり、11月23日未明に逮捕されたということです。

2013年4月9日、裁判で懲役9年の判決を受けてます。

 

長久保浩二ダブルピースの理由は?

2022年6月21日、再び立てこもり事件を起こした長久保浩二は、生い立ちからおそらく自暴自棄になり犯行に及んだのではないかと考えられますが、犯罪を何度も繰り返してきた長久保容疑者の本当の理由は、社会に馴染むことが苦手なのではないでしょうか。その為に犯罪を繰り返し刑務所に入った方が安定した生活がおくれると思っているのかもしれません。写真を見てもダブルピースをするほど嬉しそうにみえます。

住所・職業不詳と報じられていましたので、もしかしたら出所したばかりの可能性もあります。

長久保容疑者には、しっかりと罪を償い更生して、社会に馴染み、受け入れてもらえるようになってほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました