小室さん夫妻

小室圭さん「プレッシャーMAX3度目の正直なるか」司法試験合格目指す

小室さん夫妻

アメリカ・ニューヨーク州の司法試験にチャレンジする小室圭さん(30)。昨年5月、今年2月と、2度続けて不合格となり、来月、7月の「3度目の正直」が悲願となっています。その一方で宮内庁は「3度目の不合格」に備えて動き始めているということです。

 

小室圭さん司法試験に3度目挑戦

小室圭さん(30)は、いよいよ“三度目の正直”を果たすべき勝負の7月が目前に迫ってきた。米国ニューヨークに住む秋篠宮家の長女・眞子さん(30才)の夫・小室圭さん(30才)が来月、3回目のニューヨーク州司法試験に挑みます。

1年前の5月に留学先の米フォーダム大学ロースクールを卒業し、同年7月に初受験した。当初は、結婚に難色を示していた秋篠宮さま(56才)へのあいさつ時には、合格への自信を表明して10月26日に結婚も、直後に不合格が判明。それでも、新婚生活と2回目の受験を目指して、予定通りに11月に渡米。ニューヨークのローウェンスタイン・サンドラー弁護士事務所に法務助手として勤務しながら、今年2月に再受験も、またもや不合格となっています。

現在は、3回目の挑戦を表明して、勉強と仕事を両立させる毎日を過ごしているということです。

現在は、学生ビザの延長のOPTプログラム(留学生が専攻分野と関連ある職種で最長1年間働くことができる制度)で滞在中とみられていることもあり、ある皇室ジャーナリストは「周囲では、次で合格しなければビザが切れて帰国しなければならないとか、国連職員や投資家などの弁護士以外の道を選択するかもしれないなどと、騒がれています。

 

雑音を封じて、堂々と眞子さんとの米国での生活を続けるためにも、何が何でも次で合格しなくてはならない状況になっており、本人も“ラストチャンス”という思いで挑むはずです」と話しています。

法務助手とはいえ、仕事をしながらの受験勉強は大変でしょう。しかも、同州司法試験の過去10年のデータ(コロナ禍の2020年は除く)によると、毎年7月の外国人再受験者の合格率は、わずか20%だそうです。これまで受けた2回の試験以上の狭き門となるということです。

そんな小室さんを支えてくれる人たちもいる。合格を待ち望む妻の眞子さんと勤務先の法律事務所はもちろん、警備や生活面のサポートをしている在ニューヨーク日本国総領事館、そして、小室さんの母・佳代さんだ。

前出の皇室ジャーナリストは「今でも、小室さんと眞子さんは、しょっちゅう佳代さんとテレビ電話で連絡を取り合っているようです。

日本で父親と暮らす佳代さんは、働きに出ることもなく、横浜の自宅でひっそり過ごしています。時差があるため深夜になりますが、この“親子電話”が一番の楽しみになっていることでしょう」と明かしています。

 

「帰国説」を支える根拠は生活費の枯渇

小室圭さんの勤務先、法律事務所からの報酬は約600万円とされていたようですが、一方で、法曹資格を得ることを前提に、実は2000万円程度の年収を保証されているという見方もあったということです。

「そうですね。ただ、かりに2000万円の年収があったとしてもニューヨークである程度余裕のある暮らしを送ることはなかなかおぼつかず、眞子さんの1億円を超えると言われる貯蓄を切り崩す状況にあるとされています。圭さんとしては現状の年収からの上積みを目指しており、そのために法曹資格があった方がスムーズで最短ルートだと考えているとの情報があるようです」と先ほどの記者が言ってますが、仮に帰国となった場合には、クリアすべき項目としては、どこに住み、どこで働き、警備はどう対応するのか…といったことが考えられるわけですが、「一番の懸念は、国民の視線だということでした。国民が祝福する環境にないままの結婚で、その状態が続いている中での帰国ですから、厳しい目が小室さん夫妻のみならず秋篠宮家に向かう可能性がある。宮内庁はそこを本気で心配しているようでした」と同期者が語っていました。

 

帰国説に違和感を抱く他方担当記者の見解

秋篠宮さま自身、出版された『秋篠宮』(小学館)においては、国民が小室さん夫妻をどんな風に捉えているのかかなり気にされている様子が記述されていたということです。

他方担当記者は、

「眞子さんが“日本には2度と戻りたくない”とこぼしていたと伝えられたことがありました。そういう状況で海を渡ってから1年ほどで帰国というのはちょっと理解できないですね。確かに司法試験に合格することは安定した生活基盤を築く上で手っ取り早いかもしれませんが、法曹資格が絶対に必要かというと、“それほどでもない”と見る宮内庁の人間は実は結構いるんですよ」

どういうことか?

「たとえば皇室と繋がりたいと願う企業や団体などはいくらでもあり、そこに圭さんがコンサル的な感じで関係し、報酬を受け取るというようなスキームも考えられるということでした。そもそも、圭さんが司法試験に合格していなくても今の法律事務所が雇用を続けていること自体、皇室コネクションに期待してのこととも受け取れるのではといった指摘もありました」(同)

と、話しています。

当人、宮内庁の面々もそうですが、国民も「3度目の正直」の方を心から願っていると思います。この点だけは「帰国派」「滞米派」、一致した見方のようです。

 

小室圭さん母親からのエールを受け期待大

小室さんは幼い頃に父親を亡くしています。佳代さんは、夫の死後、女手一つで小室さんに英才教育を受けさせてきた“剛腕”の持ち主だそうです。中高は高額な学費の都内のインターナショナルスクールへ進学させ、その後は、後年に金銭トラブルとなった元婚約者男性から学費を出してもらってまでして、国際基督教大学(ICU)にも通わせて、米国留学も叶えさせてきたとのことです。

「佳代さんは、これまで小室さんの進路に深く影響を与えてきた人です。そして彼女自身、非常にクレバー。司法試験に二度も落ち、苦難の道を歩む小室さんに、テレビ電話を通じて助言もしていることでしょう。眞子さんも、義母の佳代さんを信頼しきっていると言われるだけに、もし小室さんが弁護士以外の道を選ぶことがあれば、そこに佳代さんのアイデアが入っている可能性は否定できないと思いますよ」と、前出の皇室ジャーナリストがのべまてます。

ただ、小室さんとしては、自力で全てを見返したいところだと思います。「合格まであと5点」。2月の再受験が、あと一歩だったのならば、合格率20%の壁の中に割って入る可能性も十分なだけに、奮起に期待がかかるということです。

決戦まで間もなくです。本当に頑張ってほしいです。

合格発表は10月に予定されているとのことです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました