彼女の指には指輪が知床遊覧船沈没事故観光船カズワン発見観光船事故当日映像鈴木智也の船上のサプライズ

鈴木智也プロポーズ直後の沈没事故「指輪は彼女に渡したか」指にはめたまま海に

彼女の指には指輪が

2022年4月23日、知床観光船カズワンが沈没するという事故が起きたました。

5月2日、事故で死亡した22歳の男性の告別式が北海道帯広市で営まれ、斎場には智也さんの写真や彼女に用意していた手紙を写した写真が飾られています。手紙は智也さんの車の後部座席のシートの下に、プレゼントとして用意したネックレスと共に残されていたということです。しかし、未だに彼女と指輪は見つかっておらず創作中、遺族の同意を得て全文を公開されましたが、本当は智也さんが手紙の内容を暗記していて、プロポーズをし、指輪を渡した直後の事故だったかもしれません。

4月28日に海上で見つかりその後、死亡が確認された北海道北見市の鈴木智也さん(22)の葬儀が5月1日、実家のある帯広市内で営まれました。そして、父親の悲しい思いを伝えています。

いまだ行方不明の船長の名前が「豊田徳幸」さんであることが判明し、顔画像を公開、更に事故当日、出港直後に撮影されたとみられる映像を公開しています。

また、2022年4月27日15時30分より、知床遊覧船沈没事故の発端、黒幕の知床遊覧船会社社長、桂田精一の会見の模様を公開しています。

そして、第1管区海上保安本部は29日、カズワンの発見場所について「カシュニの滝」から西北西に約1キロの海域だと発表し、水深は約120メートルで、発見時刻は29日午前11時7分ごろとしていて、翌日30日から沈んでいるカズワンの引き上げの準備とともに行方不明者の捜査もはじまりました。

今後の活動や明らかになってきた今現在の状況をお伝えしています。

 

 

 

「ずっとずっと大好き」船上でプロポーズ決めていた22歳男性が残した手紙全文 知床沖で彼女の捜索続く

鈴木智也さん(22)

本当に怒りと悲しみにつつまれます。

「ずっとずっと大好き」船上でプロポーズ決めていた22歳男性が残した手紙全文 知床沖で彼女の捜索続く

鈴木さんが残した手紙

【鈴木智也さんが残した手紙】

誕生日おめでとう

きょうで(女性の名前)と出会って308日が経ちました。最初は本当に顔が小さくて可愛いな~っていい子だなって、それが今や彼女なんだよ!!!凄くない?本当に運命感じたし、こんなに気が合う彼女って他に居ないよ。  喧嘩だって無いし、本当にハタチか?ってくらい大人だよ。ととをここまで支えてくれて、好きで居てくれてありがとう。そして、ずっとずっと大好きです。  周りにどう思われたって2人で乗り越えていくって決めたし、環境が変わっても守るって、(女性の名前)は俺が大切にするって誓ったから。  これからも一生一緒についてきてください。産まれてきてありがとう。愛しています。嫁になってくれますか?7月7日に返事待ってます。

byとと 2022.4.23

彼女はまだ発見されていません。

 

 

(追記) 鈴木智也「船上でサプライズ」のはずが…

プロポーズ予定だった彼女に宛てた鈴木智也さんの手紙…父親「車に残されていたが、つらくて読めなかった…」~知床観光船沈没事故 

鈴木智也さん

北海道知床半島沖で26人を乗せた観光船が遭難した事故

4月28日に海上で見つかり死亡が確認された北海道北見市の鈴木智也さん(22)の葬儀が5月1日に実家のある帯広市内で営まれたということでしす。




市内で1日午後6時に始まった智也さんの葬儀には、親族や高校の同級生などが参列しています。

父親の鈴木剛さん(51)が息子を奪われた深い悲しみを話してくれました。

プロポーズ予定だった彼女に宛てた鈴木智也さんの手紙…父親「車に残されていたが、つらくて読めなかった…」~知床観光船沈没事故 

鈴木智也さん(22)の父・剛さん

プロポーズ予定だった彼女に宛てた鈴木智也さんの手紙…父親「車に残されていたが、つらくて読めなかった…」~知床観光船沈没事故 

智也さんのための家族が用意した防寒着

プロポーズ予定だった彼女に宛てた鈴木智也さんの手紙…父親「車に残されていたが、つらくて読めなかった…」~知床観光船沈没事故 

オートバイが趣味だった智也さん

カズワンの遭難事故では、1日午後9時までに乗客乗員26人のうち、14人が見つかり死亡が確認されていて、海保や海自、道警や地元観光船などは2日も捜索を続けていますが、悪天候に苛まれ難航しているということです。




そして、智也さんの交際相手の女性は、まだ見つかっていません。

 

(追記) 観光船「カズワン」発見

第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は30日、北海道・知床半島沖で遭難した観光船「KAZUI(カズワン)」が発見された海底についてのデータを公表した。海上保安庁の測量船「天洋」が29日に実施した海底調査の結果で、船は海底で東西の向きで沈んでいるという。

29日午前11時すぎ、海上自衛隊の掃海艇「いずしま」が「KAZU1」と書かれた船を確認したと海上保安庁に連絡がありました。

いずしま (掃海艇)
いずしま (掃海艇) - Wikipedia

 

1管本部によると、カズワンは救助要請のあった知床半島の「カシュニの滝」から、西に約1キロの海底に沈んでいるということで、天洋が搭載するビームを使った測定機器で調べでは、船は海底に船体を着けた状態で沈んでいるそうです。

担当者の話しでは、周囲の地形に10メートルを超えるような凹凸はなく、「海底はフラットなイメージ」だということです。

 

ただ船内に人がいるか、船体の損傷の有無はまだ不明だそうです。

 

知床海底120mで観光船「KAZU 1」発見 「1億円かかる」引き揚げ費用、原則運航会社が負担

海上自衛隊掃海艇いずしまが撮影した北海道・知床半島沖で沈没した観光船「KAZU 1」(ロイター)

調査は乗船者の捜索の一環で実施し、海保や海上自衛隊が水中カメラを使いって船内の確認作業を30日から船内の捜索を水中カメラで始めるということです。

行方不明者の捜索に協力している海上自衛隊が4月30日に海底に下ろした水中カメラに救命胴衣のようなものが映っていたそうですが、行方不明者かは確認できていないとのことです。

潮流の影響で捜索は困難だということです。

そして事故当日、118番に通報があったのは、船長からの携帯や船の無線ではなく、乗客からのものではないかとわかってきました。

観光船は沈没前に「浸水している。エンジンが使えない」と海上保安庁に通報しましたが、携帯電話の番号が船長や乗組員ではなく、乗客のものだったということです。

第一管区海上保安本部警備救難部 横内伸明次長は「カズワンからの通報という形でかかってきた電話は、乗客の方の携帯番号だという風には認識はしています。 少なくとも船長か乗組員の電話番号ではない」としています。

1日午後8時時点で、乗客乗員計26人のうち12人の行方が分かっていません。

豊田徳幸船長のフェイスブック顔画像とプロフィール

豊田徳幸で検索したところ、ヒットしました。

運転免許証を並べられた画像。真ん中の写真だけ小太りな感じで別人のようにめえます。
でも、過去の免許証を更新ごとにもらっていたとおもわれます。

旧免許はパンチ的なやつで穴が開けられて、裏に「無効」と記載

日焼けした肌、常に海に出向いていたのでしょう。
一見、人が良さそうにみえるこの画像は仮の姿。金儲けの為なら危険の場所でもお構いなし、客を恐怖に追い込み命を奪い、自らもいまだに消息不明の悪魔の顔です。

 北海道・知床半島沖で発生した観光船「KAZU Ⅰ(カズ ワン)」の事故で、第1管区海上保安本部(小樽市)は24日、カズワンの乗員2人は船長の豊田徳幸さん(54)=斜里町=と甲板員の曽山聖(あきら)さん(27)=東京都調布市=と発表した。

画像

 

知床観光船KAZU1の会社は?

住所:〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東53

沈没した観光船はKAZU1(カズワン)という船であることが既に報道されています。

このKAZU1の観光船の会社は「有限会社知床観光船」ということがわかりました。そしてカズワンのほかにもKAZU III(カズスリー)という船を保有していることもわかりました。

この知床観光船について調査をした所、「船長は断崖のギリギリ付近を通ろうとする」ことが書かれていることがわかりました。

知床ウトロの観光船は、岸に沿って岬を北上しながら走る船で沖に出て走るのではなく陸地から離れず岸ギリギリを走るのです。

行方不明ということは最悪の事態が考えられます。

小型船は断崖の間近まで寄ることができるのが最大の魅力なので、船長さんは客を楽しませるためギリギリを攻めるそうで、座礁事故はけっこうあるといいます。しかし、今回のような事故を考えると危険な場所とわかっていながら岸近くを走るのは観光船の客側は楽しめるどころか恐怖であったでしょう。

 

実際に知床観光船の観光船に乗ったことがあるという人物からは「見えない岩場があってぶつかるそうになった」と恐怖混じりで証言されました。

カシュニの滝付近は意外と目に見えない岩場があって、ぶつかりそうになって本当に怖い思いをしたことがあります。(観光船乗客の証言)

 

証言からもカシュニの滝付近は見えない岩場があるとみられています。

知床観光船は間近でヒグマを見ることができ、断崖絶壁の風景も見れたりすることを売りにしています。

フェイスブックでもヒグマや断崖絶壁の光景が確認出来ることからも、売りにしているがわかります。

しかし、岸壁付近は小さい岩場が見えることからも、危険が伴う場所である様子が分かります。

知床遊覧船はそんな危険と隣り合わせの状態でありながら、KAZU1の船長はヒグマや断崖絶壁の光景を売りにしている以上、岩場のある岸壁でも強行突破せざるを得なかったと思われます。

知床遊覧船(カズワン)の浸水事故の場所と詳しい概要

知床遊覧船「カズワン」浸水事故の時系列まとめました。

午前10時00分
知床遊覧船「カズワン」が北海道斜里町ウトロの港を出港
(知床半島先端の知床岬で折り返し、午後1時に帰港予定)

午後1時00分
帰港予定の午後1時を過ぎてもカズワンが戻らない

午後1時15分
カズワンの乗員から海上保安庁へ「船首部が浸水し沈みかかっている」と118番通報
↓↓
海上保安庁より巡視船6隻、航空機2機を派遣(北海道放送によると航空機は4機)

午後4時30分
ヘリコプター1機が、現場の斜里町の「カシュニの滝」の周辺海域に到着し、探索開始。潜水士が2名帯同。

午後6時前
巡視船も現場海域に到着し、船体を捜索。

午後6時過ぎ
日没

午後7時40分
第一管区海上保安本部は、航空自衛隊に災害派遣を要請。受理される。

この順番に概要を更に詳しく伝えます。

北海道の知床半島の沖合で乗客・乗員26人が乗った観光船が遭難した事故。
現場でいったい何が起きたのか。
23日の出港から事故の通報、捜索まで、これまでの経緯をまとめてお伝えします。

観光船「KAZU 1(19トン)」が斜里町のウトロ港を出港しました。

NHKが斜里町のウトロの港に設置しているカメラには、23日午前9時50分すぎに乗客が次々と乗り込み、午前10時ごろに港から出発する様子が映されていました。

関係者によりますと、この船が観光船「KAZU 1」だということです。

子ども2人を含む乗客24人と船長と甲板員それぞれ1人のあわせて26人が乗っていて、知床半島の先端にある知床岬で折り返し、午後1時にウトロの港に戻る予定だったということです。

知床斜里町観光協会によりますと、運航会社は、23日、ほかの運航会社に先駆けて今シーズンの運航を始めたばかりでした。

この観光船とは別の運航会社の男性が記者団の取材に応じました。
男性は「海が荒れるのが分かっていたので、『行くな』と言った。なぜ行ってしまったのかと思う」と話していました。

また地元の漁協の組合長も取材に応じ観光船が出港する前、船長に対し「波が高くなるから出港しない方がいいと忠告したが、出て行ってしまった」と当時の状況を証言してました。

観光船と同じくウトロの港を午前5時ごろ釣り船で出港した男性は「午後からしけるという予報で、そのとおりに波が高くなってきていたが、船が走れないほどではなかった」と話しています。

観光船からの通報 救助要請

異変があったのは、出港からおよそ3時間後でした。

午後1時13分、観光船から無線で連絡を受けた別の運航会社から海上保安庁に救助の要請があったとのことです。

「『カシュニの滝』付近で沈みかかっている。浸水している」という通報でした。

午後1時18分、この船から直接「船首が浸水している。エンジンが使えない。救助を頼む」と海上保安庁に118番通報があったようです。

午後2時55分には、観光船の運航会社から「KAZU 1から『船が30度ほど傾いている』と午後2時ごろの連絡を最後に連絡が途絶えている」と海上保安庁に連絡があったとのことです。

乗客について、運航会社は海上保安庁に対し、全員救命胴衣を着用していたと説明しているということです。

気象台によりますと、事故当時、周辺の海域の波の高さは3メートルで、強風と波浪の注意報が出ていたことがわかっていました。

以前、知床の観光船の船員だった男性によりますと、現場のカシュニの滝付近について「潮の流れが速いほか、暗礁があり危険な場所だ」と話しているようです。

暗礁の大きさはおよそ縦30メートル横10メートルほどで、この場所を行き交う観光船は十分に注意しながら航行しているということです。

またこの海域は北西の風が吹くと波が立ちやすく、操船が難しくなるのだそうです。

海上保安庁捜索開始 23日は手がかりなし

通報を受けた海上保安庁は巡視船と航空機で救助に向かいました。

現場付近の海域には午後4時半ごろにヘリコプターが到着しました。

ヘリコプターは釧路の基地から出発してますが、知床半島からおよそ160キロ離れ飛行時間だけでも1時間以上かかるとのことです。

航空機は別のパトロールをしていたため、いったん基地に戻って給油を行ったり、潜水士を乗せたりする準備が必要だったようです。

こうした準備の時間を含めると、通報から現場到着まで3時間以上かかったらしいです。

磯崎官房副長官は25日、午前の記者会見

「海上保安庁の捜索部隊が現場に到着するまで時間がかかった理由はなぜか」と問われたのに対し「午後1時13分ごろに救助要請を受けた。最も近い釧路航空基地所属の回転翼機は当時、哨戒業務中で現場海域が遠方で、つり上げ救助などの活動時間を確保するために燃料を補給する必要があった」と述べた。

そして「救助活動を行うための海上保安庁の潜水士を同乗させる必要があったことから、午後2時38分に釧路航空基地へいったん帰投し、給油活動および潜水士を同乗させたのちに午後3時20分に基地を出発し、午後4時30分に現地付近海域に到着した」と述べました。

また、船による救助について「航空機と同じく、午後1時22分ごろに道東を管轄する部署に所属する巡視船に対して発動の指示を行った。通常の速力であれば、より早期に現場付近に到着できたと考えられるが、当日、海上が荒天下だったため通常の速力が出せず、最初に到着した巡視船も、午後5時55分に現地付近に到着した。海上が非常に荒天だったことが通常よりも時間がかかった原因だと認識している」と述べました。

さらに、災害派遣要請を受けた航空自衛隊も捜索を行われました。

しかし23日、乗客と乗員の手がかりはみつからず、捜索は夜通し行われたようです。

捜査2日目の24日午前5時5分 最初の行方不明者を発見

24日も行方不明者の捜索が続けられてました。

この日から、地元の漁業者を含め、道の防災ヘリコプターも捜索に加わり協力、態勢が強化されることにました。

そして、午前5時5分、警察の航空機から知床岬の先端の海上で3人を発見したと連絡が入ったとのこと、救助活動が行われました。

さらに午前5時45分には海上保安庁の航空機が知床岬の先端の岩場で1人を発見したとのことでした。

その後も行方不明者の発見が続き、24日は夜11時すぎまでに子ども1人を含め、合わせて11人が発見され、その後、全員の死亡が確認されました。

現場付近の様子を上空からの映像公開
またNHKのヘリコプターで24日正午すぎ、知床岬の先端付近の上空から撮影した映像では、岩場に「KAZU 1」と書かれたオレンジと白の浮き輪が打ち上げられているのが確認できます。

第1管区海上保安本部は、24日の捜索中に撮影された画像2枚を公表しました。

このうち知床岬の先端付近で撮影された画像には、潜水士2人が岩場にいた1人を救助している様子が写っています。

また、岬近くの海上で撮影された別の画像では、観光船「KAZU 1」の船名が書かれた浮き輪などの救命具が浮かんでいる様子が確認できます。
25日沈没から3日目も捜索続ける

事故から3日目の25日も範囲を広げて捜索を続けていました。

斜里町のウトロ漁協では、25日朝も漁業や観光船の関係者などが捜索の範囲を確認したあと、次々と出港していました。

ウトロ漁協の深山和彦組合長は「きのうより波が収まっているので、行方がわからなくなっている人を少しでも早く見つけたい」と話していました。

船舶事故調査官が情報収集

25日午前、国の運輸安全委員会の船舶事故調査官3人は北海道斜里町役場のウトロ支所に設けられた現地対策本部を訪れました。

続いて正午ごろ観光船の運航会社、「知床遊覧船」の事務所に入り、従業員から話を聞きました。

社長への聞き取りは救助や遺族対応の支障とならないよう、25日は行っていないということです。

さらに午後2時ごろには地元の漁協を訪れ、現場海域の特徴などについて情報を確認したということです。

25日の日程を終えた大熊寛章 統括船舶事故調査官は「事故当時は天候が悪かったと聞いているので、海面や天候の状況を分析していく。今後は、関係者や地域をよく知る人から気象や船体についての情報を収集していく。船体が見つかっていないので、可能な限り船体に関する情報を多方面から収集したい」と述べました。

船舶事故調査官は26日も情報の収集と分析を続けることにしています。

 

 

118番通報「海上での事件・事故の緊急通報用でんわ番号」

118番とは、日本における海上での事件・事故の緊急通報用電話番号。

今回の知床観光船KAZU1の浸水事故で初めて知った方もおられると思います。

海で何かあった事件や事故にあってしまったとき、すぐに電話できるように覚えておきましょう。

海難事故は絶対に118のほうがいいです。
焦って110とか119にかけても消防や警察が到着して救助活動したのち、ほとんどが海保に連絡してます。
その時間ロスで命取りになった人を何人も見てます。
もっともっと広まってほしい。

「KAZU I」当日運営映像

通常3時間で戻るはずが「沈みそうだ」との連絡
船体が30度傾斜すると逃げることは不可能

どのようにして船は沈没したのか?海難事故に詳しい専門家の推測

東海大学海洋学部 山田吉彦教授 は「強風に煽られて、岩礁にぶつかり、そこから浸水して沈没してしまったんじゃないかと考えています」と述べました。

船が風の影響を大きく受けたのではないかと指摘します。

その訳は、船の構造にあるとのことです。

過去に撮影された同じ船とみられるツアー映像を見ると、大きな窓から知床の風景を見ることができることがわかります。

東海大学海洋学部 山田吉彦教授 は「乗客用のスペースを広くとっていて窓が見やすい構造になっているために、その分波風の影響を受けやすい船型をしています。船は前に進もうとしても横から強い力で岸壁の方に、風の強い力で押されていたと考えられます。 恐らく岩場にぶつかって、船首から水が入ってきたので前の方が沈んだ。そこに大きな波や風が来て、ぽんと岩礁から離れたときに船全体がずるずるって沈む。 横に横転したという人もいるけど、あのタイプの船は浮力があるので横になった場合は浮きます。斜め前からドドドっと。そうじゃないと短時間でなかなか沈まないんですよ」と述べています。

ぶつかった瞬間に水が入ってくる。

山田教授によると、岩礁にぶつかるなどして船首に水が入り、そこから沈んだのではないかということです。

では、最後の通信にあった「船が30度傾いた」場合、どのような状況になるのでしょうか?

東海大学海洋学部 山田吉彦教授 「30度傾きますと、通常立っていられません。 恐らく椅子にしがみつくか、床に転がってしまうという状況だったと思います。30度傾いた状態が続くと、自力で船外に逃げ出すということはもうできなかったと思います。おそらく今、救助されていない方は船内にまだいらっしゃる可能性があると思います」

 

事故当時 船体に傷があったのか

 

桂田精一記者会見映像

2022年4月27日15時30分より、知床遊覧船沈没事故について知床遊覧船の桂田精一社長より会見が行われました。

知床遊覧船社長桂田精一さんの記者会見は、予定より1時間遅れてスタートしました。

その理由は、記者会見前に行われた家族説明会が予定よりも長引いたため。家族説明会では、家族からの質問に全て答えたということです。

60人のご家族が参加し、実際に参加できない家族はリモートで参加することになりました。

16時半から始まるとされていた会見も、遅れて16時45分からの会見となりました。終了したのは19時前と、2時間以上にわたる会見となりました。

4月23日事故からやっと行われた知床遊覧船社長の記者会見でしたが、突如行われた土下座が嘘くさいパフォーマンスと、早々に人々の怒りを煽ります。

記者会見に現れた桂田精一社長のネクタイに目が点になった人が多数。仮にも乗客が多数亡くなり、現在も行方不明者がいる中での赤いネクタイ。あまりにも不謹慎でご遺族の気持ちを考えていない非常識と怒りをかんじます。

そして、記者会見冒頭、知床遊覧船社長・桂田精一氏の発した一言「皆様、この度はお騒がせしてすみません」という言葉、亡くなった乗客の方々は、決して「お騒がせ」したかったわけではないです。この言葉を聞いたご遺族の方、行方不明の方のご家族はどんな気持ちできいてたことでしょうか、まずは乗客の方、ご家族への謝罪の意を述べるのが当然ではないでしょうか。

記者会見での桂田精一社長は、「自分の判断で出航した」と言いつつ、「船長の判断に任せていた」と連呼しています。豊田船長はいまだ行方不明であり、弁明できない状態の豊田船長に責任を押し付けているとみる声がもでています。

さらに、船を出したのも「来たお客様は出してほしいと思っている」と、まるでお客様が悪いと言わんばかりの他人事感。船長のせい、客のせい、を繰り返す知床遊覧船の社長、桂田精一さんに社長としての責任を感じることはできない会見となりました。

今現在も懸命な捜査を続けられています、更に追求しお伝えしていきます。

今後も進展があり次第追記します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました