柿本知香

柿本知香「マインドコントロール3人で埋めたと容疑認める」人柱と化す5歳児

柿本知香

埼玉県本庄市の住宅で、5歳になる歩夢君を床下に埋めたとして歩夢君の母親である柿本知香(30)、同居人である丹羽洋樹(34)と石井陽子(54)の3人を遺体遺棄の容疑で逮捕された事件である。

この事件で、丹羽容疑者と石井容疑者にあくまで予測であるが宗教に所属していたかもしれません。柿本容疑者は2人にマインドコントロールされていた可能性があ理ます。

柿本知香のFacebook顔画像

保育園のイベントであろうか、幼少期の歩夢君と幸せそうに写っています。

柿本知香のフェイスブック

マインドコントロールされた柿本容疑者の顔画像も挙げてます。

画像で見る限り歩夢君は、母親である柿本知香といることで楽しくて嬉しそうな顔をしているが、柿本知香容疑者は笑顔を見せている時もあれば、マインドコントロールされ精神バランスが崩れているような時もあるように感じられる。

 

丹羽洋樹の顔画像

宗教界の追放を恐れたか? 顔を隠す丹羽容疑者。

Facebook画像等調べてみましたが、逮捕時の写真しか残っていませんでした。

「追記」丹羽容疑者の顔公開されました

ラグビー部に所属していたとの情報による集合写真がありましたが、鮮明に写し出されてなくはっきりした顔はわかりませんでした。

 

石井陽子の顔画像

宗教界の幹部だろうか、裏の顔を見せず堂々と写る石井容疑者。

この写真を見た時、人を殺害しておきながら何もなかったかのように食事してやがる…本当に恐ろしい女だ!と思いました。

 

事件の概要

この事件は、埼玉県本庄市で今年1月、5歳の長男・歩夢くんを家の床下に埋めた死体遺棄の疑いで、母親で派遣社員の柿本知香容疑者(30)と、同居する丹羽洋樹容疑者(34)、石井陽子容疑者(54)の3人が逮捕されていたものです。

事件の経緯は次のとおりである

昨年1月:柿本知香容疑者と歩夢君が丹羽洋樹と石井陽子の自宅に住み始める。この時から宗教界の儀式マインドコントロールが始まる。

1月中旬頃 : 3人はしつけという名目で出かけ時には説教のように、家では毎日のように体罰、ではなく歩夢君を床に投げ飛ばすなど他にも多数暴行を加えたと考えられる。

意識のない歩夢君を宗教化した3人が共謀して床下に穴を掘り埋めて遺棄したのではないか? この時、宗教の風習を目論み、最後の儀式が行われたかもしれません。

3月2日:本庄市役所が母子家庭の安否が確認取れないと県警に連絡。

3月5日:丹羽洋樹容疑者宅の和室の床下の土の中から歩夢君の遺体が発見されたとあります。

司法解剖により歩夢くんの死因は、後頭部の打撲による脳幹損傷であることがわかっています。

本当に歩夢君を床下に3人で埋めた時、歩夢君は死亡していたのでしょうか?

 

風習と儀式

風習や儀式について調べてみました。

人柱(ひとばしら)とは、人身御供の一種。大規模建造物(橋、堤防、城、港湾施設、などなど)が災害(自然災害や人災)や敵襲によって破壊されないことを神に祈願する目的で、建造物やその近傍にこれと定めた人間を生かしたままで土中に埋めたり水中に沈めたりする風習を言い、狭義では古来日本で行われてきたものを指すが、広義では日本古来のそれと類似点の多い世界各地の風習をも同様にいう。

実際の例として、北海道に1912年(大正元年)に着工され、1914年に開通した常紋トンネルがあり、このトンネルの建設にはタコ部屋労働と呼ばれる過酷な労働環境で働かされた労働者たちが有名。あまりの過酷さから亡くなった人も多く、記録では100名以上が殉職されているそうです。

なかには現場監督の指示に従わなかった為、スコップやツルハシなどで殴られ命を落としたという記録もあるほどです。そんな人々の遺体は人柱としてトンネルに埋められたとありました。

この話はあくまでも伝説となっていますが、十勝沖地震で損壊したトンネルの工事が1970年年に実施された際の壁面からは人骨が出てきたことで人柱伝説は実話であったことが明らかになったようです。

これらの話しから、歩夢君は丹羽容疑者と石井容疑者の勝手な目論みにより柿本容疑者をマインドコントロールし宗教界に誘い込み宗教化、歩夢君を暴行を加えた人柱の儀式にかけ、まだ生きていたかもしれない歩夢君を床下に埋葬したのかもしれません。

柿本知香容疑者が男児の遺体を遺棄した現場

丹羽洋樹容疑者の名義で借りられた丹羽洋樹容疑者の自宅。

家の窓には、家の中がわからないように目張りしていたこともわかっています。儀式が見られないためだったのでしょう。

埼玉県本庄市本庄3丁目10−10

丹羽洋樹容疑者は無職で内縁関係にある石井陽子容疑者も無職ということが分かってる、一時的に無職であれば失業保険を受給している場合もあるが、石井陽子容疑者と2人分の生活費にするにはあきらかに不足だろう、この3人の容疑者の内、収入があるのは柿本知香容疑者のみ、市役所側は同居していることを知っていて3人同居であれば母子家庭の手当があり、生活保護を受けているとも考えにくいと思われます。

3人は柿本知香容疑者の収入で生活していた可能性があり、歩夢君を人質にとり何らかの方法で脅し、マインドコントロールすることで柿本知香から搾取していたのではないかと推測しました。

本庄市本庄の住宅は築5~60年で、家賃は3~4万円程度、契約社員とはいえ1人の収入で生活することは可能だったのでしょう。

儀式を行うのに都合のいい場所だったのでしょう。

埼玉県警は引き続き捜査を続け調べているそうです。

(追記)柿本知香ら3人容疑認める

5歳の男の子に暴行をくわえ死亡させ、遺体を埋めたとして逮捕された母親ら3人が起訴されました。

埼玉地検はことし1月、埼玉県本庄市の自宅で柿本歩夢くんを投げ倒し、後頭部を打ちつけさせて脳幹損傷で死亡させ、床下に遺体を遺棄したとして、母親の柿本知香被告と、同居人の丹羽洋樹被告、内縁の妻の石井陽子被告を傷害致死と死体遺棄の罪で15日、起訴しました。

捜査関係者によると、警察の調べにそれぞれ暴行をほのめかして、「3人で穴を掘って埋めた」などと死体遺棄容疑についても認めているということです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました