防水

防水工事「改修用ドレンは必要?」

防水

屋上やバルコニーのドレン(排水口)には、様々なゴミが流れ込まないようにストレーナー(排水口カバー)が設置されていて、そこに蓄積されたゴミによって異常が発生することがあります。

 

 

防水工事を始める前に既存のドレンが劣化し、周りが切れてないか?ドレンそのものが錆つき破損していないか?を現況確認し改修ドレンが必要かを判断します。

 

 

改修ドレンを使うことで防水性の向上や長持ちさせる効果があるものの、排水効率を低下させるため、不具合が起きる事があります。
改修ドレンは、必ず既存のドレンの上から被せるため、既存のドレンより小さいものでなければなりません。口径の小さなドレンを取り付けるという事は、排水能力を低下させることになります。
また改修ドレンを取り付けるという事は、ドレンの位置が現在のドレンの上に改修ドレンのツバの厚み分、少なくとも2mm以上は高くなるのでドレン周辺に雨水が溜まりやすくなる可能性があり、勾配調整が必要な場合もでてきます。どんな施工を行えば良いか必ず現況確認しましょう。

 

ドレン」とは、水抜きのために設置されている装置のこと。 雨水や雑排水といった物を処理するためにも使われる。

 

改修ドレン」とは、防水改修工事を行う際に、現在のルーフドレンの上に新たに取り付けるトレンの事をいいます。

 

ドレンは防水層と雨どいを繋ぐ役目があるため、防水層とドレンの接合部が劣化し剥離破損すると、雨漏りの原因となる事があります。

改修用ドレンは、防水改修工事を行う際に劣化したドレンに新しい防水層を接着させるより、ドレンを新たに被せ、そのドレンに接着させる方が密着し防水が長持ちすると考えられます。しかしここで注意したいことは、劣化してしまったドレンは錆ついていることが多いです。弊社では、錆ついているドレンをできるだけ取り除き、成形補修した後に改修用ドレンを取り付けることにしています。なぜなら、錆は建物の構造を悪化させるため、取り除いた方が防水の劣化や浮き、切れや剥がれの進行を防げると考えます。弊社ではこの施工で雨漏れを起こした事はありません。また、仕上がりも綺麗になります。

改修用ドレンを使用するならば大きな工事にはなりますが、既存のドレンを撤去し、成形補修します。一度部分防水し改修用ドレンを被せ、その上にメイン防水工事を始めることで確実に防水の品質向上へ繋がり、効果のある防水ができあがります。また、防水層とドレンの剥離が懸念されるために取り付けるものなので、防水層との接着性が良好な場合は、無理に改修ドレンを取り付ける必要はありません。

 

 

ドレンが詰まり水が溜まる、雨漏れが発生している等のトラブルがある場合は、早急に専門業社に相談、現状調査をして適切な施工をする事をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました