人材育成

防水業 「人材育成の考え方と課題」

人材育成

防水業に関わる企業の皆さん、また、人材育成を担当されている企業社員様は、作業員、または社員の育成に、どのような考え方があり、どのような課題をお持ちですか?

ここでは、作業員の「育て方」に視点を置き考えてみました。

人材育成の定義

皆さんは、「人材育成」をどんなふうにイメージしているのでしょうか?

防水業にに限りませんが、会社のジャンルや人によって人材育成の意味も範囲もそれぞれ違います。

人材育成とは、会社が発展し向上させるために人それぞれの「得意・不得意」「器用・不器用」「性格」を見抜き分析して知識やスキルを教育、また経験によって能力を見出し成長させることです。

防水業は、他の業種と違いジャンルが多い為、育成は必要不可欠だと言えます。

作業員の自律と育成の課題

防水業界すべてではないですが、僕たちが関わる現場で、お客様が存在する環境が多く、このような現場では、コミュニケーションを取りにくい現状の中で作業する為、自立できる人材が少なくなっています。また、防水業の内容が多いからと思われます。

防水業界での自立とは、自分で現場を管理でき、計画を立て考えながら作業を進められる人のことです。

このような人材を育成するには、現場現地での教育が一番いいのですが、先ほども言いましたが、お客様が存在する環境や、現場の状況により教育の場所や時間を確保できない場合は、我々が、作業員を育てる為に、作業員をいちばんに意識し、場所と時間の計画を立て教育をしなければなりません。また、防水業のジャンルも多い為、ジャンルに合わせた道具、材料、作業手順の資料を細かく作り準備し、徹底した育成教育が必要な課題です。

育成の目標と考え方

育成の目標として、作業員に期間を与え一つ作業工程をマスターするごとに、現場を任せて経験を積ませていき、会社全体でサポートし育成計画を立てていく事が重要なポイントです。

考え方については、一緒に現場作業をしていく過程で、作業員の性格と特徴をつかみ、作業員に合った育成教育を長く広い目線で付き合っていくことが大事でしょう。

これらを怠ると、いい加減にな形で成長してしまい防水作業の質も人材も、我々が考える目標に発展しません。必ず実行しましょう。

まとめ

ここまで、わかりやすく簡単にまとめお伝えしてきました。

防水業は、防水ジャンルが多い上に専門用語・特殊な材料や道具・特殊作業も多いので、人材育成には会社に支障がでるかもしれません。しかし、これから人材育成をしていくには、新入社員に現場作業の一部を提供してでも教育の計画を立てることではないでしょうか。

また、我々は作業員の育成に自分の置かれている地位よりも、今育ち行く新世代に期待を抱き意識することが絶対必須なのです。

自立型の作業員を育て上げ、今後の御社の発展と向上の参考になったら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました