千葉県未分類

伊東龍之介「バタフライナイフで刺傷集団リンチ」金と女絡みで悪因悪果

千葉県

30日の午前1時40分ごろ、千葉市若葉区小倉台6のアパートで、20代くらいの男性が室内で倒れているのを救急隊が発見、男性はその場で死亡が確認され、県警は遺体の状況などから事件の可能性も視野に入れて捜査を始めていた事件。

千葉県警は1日、船橋市内で男性の左太腿をバタフライナイフで何度も刺し、集団リンチを加えたらしく、負傷した男性を放置したことがわかりました。

この部屋に住む自称会社員で伊東龍之介容疑者(21)、自称柏市北柏丁目の飲食店従業員で小野恵美容疑者(20)の他19歳~21歳の男女4人が、金と女絡みでのトラブルがエスカレートしたとおもわれます。

死亡した男性は船橋市行田1丁目に住んでいる高橋拓義さん(21)で、死因は出血性ショック、県警は殺人や傷害致死容疑を視野に暴行と死亡の関連を調べている。。

 

県警捜査1課によると、同1時半ごろ県警によると伊東容疑者から「意識と呼吸がない」と119番通報があり、救急隊が高橋さんの遺体を発見した。その際その場に小野容疑者もいて、県警は2人が詳しい経緯を知っているとみて事情を聴き、高橋さんと伊東容疑者らとの間には面識があって何らかのトラブルがあったと思われる。高橋さんを伊東容疑者の部屋に連れ込んだ状況も取り調べ中である。

また、消防によると高橋さんのふとももに、刃物で何度も刺し傷があったようで、警察は身元の確認を急ぎ、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査をしています。

現場は千葉都市モノレール千城台北駅から約450メートル離れた住宅街のようです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました