コーキング

窓まわりと外壁の防水「雨漏れ防止対策」

コーキング

今お住まいの自宅が築年数が経ち、外壁の窓(サッシ)に劣化症状がでている箇所はありませんか?

紫外線、降雨、温度変化など様々な自然現象から劣化状況はかわります。
新築して家を建ててから最初に傷みだすのがコーキング、建物の気密性や防水性の為に施工される重要な部材「コーキング」、目地に埋め込んであるゴムのことです。家の外壁を見てみると色々な箇所で目にすると思います。
外壁パネル間や窓(サッシ)の廻りに埋め込まれていたり、お庭のタイルテラスに使われていたり、外壁だけでなく家の中でもキッチン、洗面所、お風呂等で使用されています。これらは全てコーキングで施工する時はクリーム状で硬化するとゴムになる材料です。

 

コーキングの意味と役割

日本語で詰め物をするという意味です。

タイル外壁材やコンクリート外壁材、サイディング外壁材の間にできる隙間に詰め物をして、隙間から水や汚れなどが入るのを防ぐ工事をするということです。

タイル外壁材やコンクリート外壁材、サイディング外壁材にある継ぎ目を「目地」といいます。

目地と窓などのサッシまわりには、ゴム状のものが埋め込まれています。このゴム状の事をコーキングといいます。 永久的な材料ではない為、打ち替え工事は必要です。

 

コーキングの主な役割は、水が建物内部に浸入することを防いだり、揺れに対する負荷を緩和するという2通りあり、外壁から水や汚れ湿気などが侵入しないようにする役割があります。
また地震などの揺れ・家自体の歪み・サイディングの収縮によって家は微かに動いて外壁同士の隙間にあるコーキングには、その動きに追随し揺れを緩和させる役割があります。

 

コーキングの劣化と打ち替えの時期

コーキング材の耐用年数は一般的に5~10年程度であると言われております。コーキング材の上に塗装をすることで直接紫外線の影響を受けず長持ちします。また、逆に紫外線に毎日かざされている南側の外壁ですと、3~5年位の耐用年数になることもあります。

コーキング材が劣化し、ひび割れや破断が生じ外壁からの剥離や隙間ができてしまうと漏水し内部の構造体自体の劣化に繋がってしまいます。

 

一般的には新築で建ててから約10年がリフォームをする目安の時期と言われています。

しかしここでひとつ注意しておかなければならないことは、目地は外壁材よりも傷みが早いということです。コーキングは早ければ5年位で劣化してきます。劣化は、コーキングの剥がれ、ひび割れ、シワ、などの現象で確認できます。コーキングは「水」「紫外線」によって劣化します。紫外線の影響をあまり受けない北側の外壁より紫外線に多く晒されている南側の外壁とでは傷み具合は異なります。

コーキングの劣化が進むと、雨漏れが起きて建物内部が腐食するなど、家自体の寿命を縮めるので注意が必要です。

補修方法としては、劣化した元のコーキングを全て撤去して、まったく新しいコーキングを打ち替える方法と劣化したコーキングの上から新しいコーキングを打ち込む方法があります。

外壁のコーキングは、外壁材の劣化や雨漏りを予防すると同時に建物が横揺れした際の外壁材のずれやひび割れを防ぎます。またコーキング材は防水性もあるので雨漏りによる住宅劣化も防ぐことができます。

 

コーキングの打替えと増し打ち替え

外壁の目地だけでなく窓まわりの周囲にもコーキングが施工されています。

構造上コーキングをすべて除去することができない場合があり、その場合は劣化している分だけを取り除き、その上からコーキングをする増し打ち施工もあります。

コーキングは打ち替えが基本施工ですが、窓まわりには防水テープが貼られておりコーキングを撤去することで防水テープに傷をつけてしまう場合があり、そうなると雨漏れの危険性もあるので劣化や密着不良などなければ増し打ちの方をお勧めする場合があります。ただし増し打ちの場合、コーキングを打ち込んだ時の密着面が10mm以上が基準です。窓まわりでは現場の状況を見させて頂いた上で判断し施工する場合があり絶対的に撤去しなくてはならないというわけではありません。


増し打ちは打替えに比べて工程が少なくコーキング材の量も少なくて済むためコストが安くなりますので、既存のコーキングにヒビ割れが無ぐサイディングの厚さが15mm以上あるなどの条件がそろえば低コストでの増し打ちも推すめの施工法です。また、コンクリート目地やタイル目地の場合でも同じことがいえます。

外壁の塗装の塗り替え時期にはコーキングの劣化が進み、ヒビ割れや肉やせ等がある場合は、どの施工法が適しているかを専門業社に相談すると良いでしょう。

 

劣化の種類

*ひび割れ

コーキングの柔軟性が失われてくると、はじめにひび割れが発生します。すぐに補修が必要というわけではありませんが、気がついたら劣化がかなり進
んでいたという場合もあります。注意深くチェックしつつ、メンテナンスを検討し始めるといいでしょう。原因は紫外線によりコーキングの可塑剤が抜けてきた為ひ起こる症状です。

 

*肉やせ

経年劣化による可塑剤(かそざい)の放出で、コーキングの厚みが減っていくことを「肉やせ」といいます。新築時の施工不良が原因で、早期に肉やせが発生するケースもあります。また、放置しておくとコーキングがサイディングから剥がれてしまいます。剥がれてしまう前に補修を行なうようにしましょう。原因はコーキングに含まれる可塑剤が抜け始めた為に起こる症状です。

 

*破断

ひび割れを放置しておくと、ひびが拡大し「破断」と呼ばれる状態になります。隙間から建物内部に雨水が浸入してしまう可能性が非常に高いため、早急なメンテナンスが必要となります。原因は可塑剤の効果が切れ、柔軟性を損ない、建材の動きにコーキングがついていけなくなった為などがあげられます。

 

コーキング打ち替えの施工手順

*既存コーキング材撤去

古いコーキング材をキレイに除去します。カッターやペンチを使って、既存のコーキング材を綺麗に取り除きます。
この際の注意点は外壁の表面を傷つけないように外壁小口を削るようにすることです。コーキングが劣化していると、切れ目を入れたら簡単につまみ出せます。接着面にゴミ、油分、水分が残っているとコーキング材の接着不良に繋がり、剥離の原因となってしまいますのできれいに取り除きます。

 

 

*清掃

既存コーキングを撤去後、コーキング溝を綺麗に清掃します。
刷毛を使って、細かいゴミや汚れ等も綺麗に取り除きます。

 

 

*ボンドブレーカーの有無

既存コーキング撤去の際に一緒のボンドブレーカーやナックアップ材が取れてしまう事がありますので、撤去後は有無を確認しボンドブレーカーやバックアップ材が無い場所は、新規で入れます。

 

 

*養生

コーキング溝にマスキングテープを貼り付けます。外壁にコーキング材を付けないよう目地のまわりに養生テープを貼ります。古いコーキングがとれたらコーキング材が余計な場所につかないように目地の両脇を養生テープでしっかり保護します。
マスキングテープの貼り付け方次第でコーキングの仕上がりが大きく変わりますので、所定の位置に丁寧に貼り付けしなければいけません。

 

 

*プライマー塗布

コーキング材を打ち込む前に接着プライマーを塗布します。プライマーを塗布することにより、その後のコーキング材の密着性を高める接着剤としての役割と、塗装面の凸凹をなめらかに整える役割を担っています。

 

 

*コーキング材充填

コーキングガンを使用して、目地内部に空洞ができないよう、隙間がないように目地の隅々までコーキング材を盛り上げるように充填します。一見簡単に見えるコーキング充填ですが、溝の中にコーキング材を充填していく作業は想像以上に難しいです。

 

 

*ヘラ押さえ・仕上げ

コーキングを充填したあと、空気が入らないようにヘラでしっかり密着させ均一にならします。目地内部がスカスカな状態なので、1往復以上押さえこむようにしてならしていきます。

 

 

*養生テープ除去、乾燥

養生テープをはがして、乾燥させます。表面が乾いてくるとテープを除去する際にくっついてきてしまうので注意が必要です。コーキング材やプライマーが充填箇所以外に付着していた場合はきれいな布等で完全にふき取っておきます。

 

コーキング工事の価格

コーキングの打ち替え・増し打ち工事にかかるおおよその費用相場は、以下の通りです。コーキング工事は、m単価で計算されることが多いため、合計数が長いほど費用も増します。

*打ち替えの費用は、既存のコーキングを撤去し新しくコーキング材を打ち込みで 約900~1,500円/m

*増し打ちの費用は、既存のコーキングの上からコーキング材を打ち込みで約700~1,000円/m

*高所作業の場合、別途足場の設置費用必要 2〜3階一戸建てで約20〜30万円

各業社によって金額は異なります、よく確認の上依頼して下さい。

コーキング材の種類・特徴

コーキング材には種類があり、用途に合わせて適切なタイプを選びます。それぞれの特徴を見てみましょう。

*ウレタン系コーキング材

耐久性が非常に高いのが特徴です。硬化すると弾力性を持ち、密着性が高いメリットもあるため外壁のひび割れや目地の補修によく使用されます。
ただし耐候性が低く、紫外線に弱い・ホコリが吸着しやすいなどのデメリットがあることから、屋外で使用する場合は塗装での保護が必要です。また、塗装後に汚れにくいノンブリードタイプもあります。

主な使用用途
ALC・窯業系サイディングの目地
窓枠まわりの目地
コンクリートのひび割れ補修

 

*シリコン系シーリング材(シリコンコーク)

耐候性・耐水性・耐熱性に優れていて、比較的価格が安いことからコストパフォーマンスが良いコーキング材です。
充填後にシリコンオイルが出るため、周辺が汚れやすく上から塗装できません。専用プライマーを使用すれば塗装可能なケースもありますが、基本的に外壁には使用しないコーキング材です。

主な使用用途
ガラスまわり目地
屋根瓦の補修
浴室・浴槽・洗面台・キッチンまわり

 

*アクリル系シーリング材

水性タイプで作業性に優れているのが特徴です。価格は安いですが、硬化後に肉やせが起こる性質があり、耐候性・耐久性が低いデメリットがあります。
新築時に使用されることはありますが、メンテナンス性を考慮するとリフォーム工事ではあまり使われません。

主な使用用途
ALCの目地
塗装・クロスの下地処理

 

*変成シリコン系(変成シリコーン系 )コーキング材

ウレタン樹脂を原料としたもので、耐候性・塗装性に優れていることからさまざまな用途に使用できるのが特徴です。
シリコン系よりも耐久性が低く、ウレタン系よりも密着性が劣るデメリットがありますが、硬化後に塗装が可能なので外壁にも使用できます。

主な使用用途
窯業系サイディング・コンクリート・ALC・タイルなどの目地・サッシまわり
躯体・板金加工など

 

*1液性と2液性のコーキング材

1液性
缶タイプやコーキングガンを使用するタイプがあり、そのまますぐに使えるのが特徴です。準備に手間がかからず、部分補修や施工箇所が少ないときに使用されます。個人での施工も可能です。

2液性
主剤と硬化剤が分かれているタイプです。専用の撹拌機でしっかりと混ぜ合わせる必要がありますが、用途に合わせて分量を多く作ることができます。

2液性は塗装知識や技術がないと硬化不良を起こす可能性があるので、コーキング材の扱いに慣れた専門業社に依頼しましょう。

まとめ

コーキングは、基本打替えにが一番良い工法とでが、窓の形状によって既存のシールが撤去出来ない時や、構造上カッターを入れない方がいい窓まわりには増し打ちをお勧めする場合もあり、他にも紫外線のあたりにくい北側の外壁は紫外線の強い南側に比べると劣化具合も遅く必ずしも打替えにしなくていい場所もあります。
劣化の進行は立地環境、建物の構造で鉄骨や木造)、また南面、北面の紫外線の当たり方によっても異なります。
現況をきちんと診断してもらい、適切な施工方法を検討してみると良いかと思います。

施工箇所の状態を見極め、ベストな施工方法をとることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました